先天的な遺伝と後天的な生活習慣

男性型脱毛症にも先天的な場合と後天的な抜け毛があります。
原因を探る事で予防できる事と、医薬品で改善できる点が挙げられます。

そもそも先天的は遺伝から来る要因がありますが、正直関係なと思っても問題はありません。
父親の毛が薄いから自分もそうなる可能性があるだけで100%確定ではありません。
親の身長が低くても背の高い子供に成長する事で証明されています。

むしろ危険なのは後天的な抜け毛で、毎日の生活に原因がある場合が殆どと言っていいでしょう。

まずは食事です、一日三食を朝昼晩にきちんと食べてますか?

食事の栄養素は体を健康に保つに当たって必要不可欠で、髪の毛にも多大なる影響を与えるでしょう。

次に睡眠時間が短くなったりしていませんか?

極端に不足すると寝ている間に成長する髪に良いはずはありません。

最後にストレスを溜め込んでいませんか?

仕事や家庭内で不満に思う事からストレスを感じやすい現代です。
うまく解消できるように、趣味を持ったり、運動を適度にしては如何でしょうか。
生活リズムを整えて、バッチリ髪形も決めて行きましょう。

近年では、海外医薬品サイトでも育毛剤 通販が人気となっています。

ストレスによる男性型脱毛症の症状と対処法

日常生活で必ずと言っていいほど感じてしまうのがストレスです。心の問題だけでなく、体調にも悪影響を与えてしまいます。特に体の一番弱っている場所に悪い影響が出やすく、それが頭皮に作用してしまった場合は、抜け毛を引き起こす原因となってしまいます。

ストレスと抜け毛の関係性

ストレスを強く感じると、体の中にあった「亜鉛」という物質を大量に消費してしまう仕組みになっています。実は髪の毛を生成するのに必要なのがこの亜鉛と呼ばれるものですので、髪の毛に十分な量が供給されなくなり、結果として薄毛になってしまうのです。

さらに血流に影響が出て栄養が行き届かなくなったり、男性ホルモンの分泌が多くなって抜け毛が増えたりと、ストレスが髪にとって大敵であることが分かります。

良く起こりやすい抜け毛の症状としては「円形脱毛症」があります。ストレスが解消されると自然と改善することもあり、一時的な場合もあります。普段からイライラをため込まないためにも、適度に運動をしたり、友人たちと旅行に行ったり会話を楽しんだり、入浴中にリラックスできるように工夫するなど、いろいろな方法を実践しましょう。マッサージで血行を良くし、頭皮への栄養を供給するのもおススメです。

更新情報

◆2015/10/02
先天的な遺伝と後天的な生活習慣の情報を更新しました。
◆2014/05/15
管理者情報の情報を更新しました。
◆2013/05/08
続・女性の薄毛増加傾向を新規投稿しました。
◆2013/05/08
女性の薄毛増加傾向を新規投稿しました。
◆2013/05/08
ラクトフェリンで薄毛対策を新規投稿しました。